第 1 回 大 会 

シンガポール宣言・1976

宗教による平和

「アジア十七か国から十指にあまる世界諸宗教の代表者巨人を集めて開いたこの歴史的なアジア宗教者平和会議は、諸国民の間における公正かっ恒久的な平和のために、宗教と宗教協力が不可欠の西のであることをここに確信し、かつ宣言する。正義と平和の追求にあたり、われわれは、宗教的信仰の多様の中に、目的の一致をお互いに発見した。

われわれがつどうこのとき、アジアの多くの国で今なお、第二次世界大戦の記憶がさめやらず、また、それに続く局地的戦争の傷跡は癒やされていない。われわれがつどうこの

とき、アジアはなべてなお危機的状況にあり、多くの国でなお、経済的な不均衡や搾取が存在して極度の貧困を招来し、自由を圧殺する権威主義やイデオロギー的文化的対立や少数民族問題が山積して、この全てが人間の苦悩をいや増している。

 

われわれはシンガポールの平穏と快適のうちに集うとはいえ、難民たちの嘆き、しいたげられたるもの、苦しめるものの怨嗟と苦悶、貧しきあの、捨てられたものの悲痛な叫び苦しみがわれわれの耳にこだまする。いつの日に人々は破滅の道に背を向けるのか。いつの目に、憎しみの炎は吹き消されるのか。いつの日に我執と貪欲は、やさしさと思いやりに道をゆずるのか。いつの日に静かなる理性の声が高慢と激情の怒号を制するのか。

はじめてのアジア宗教者平和会議につどうわれわれは、宗教間の理解と諸宗数の協力を、平和にいたる新たな道として開拓すべき使命を自覚する。また、アジアの地は多くの宗教や文化の発祥地、生育地として、幾世紀にわたりあまたの人々の道を照らす真理と英知のかがり火をとした。この遺産のうえに立ちながらわれわれは、アジアはおろか全世界にわたって人類を悩まし進歩の道をはばんでいる政治的、経済的、社会的、文化的諸問題の解決にあたっては何よりもまず宗数が大切であり、また宗教が究極的導き手となるというわれわれの信念をあらためて強調する。われわれの信奉する偉大な諸宗数は、地上に平和と正義を樹立するという目標をつねにともにしてきたと信ずるがゆえに、われわれはこの高貴な目的を追求するにあたって、愛と情誼と寛容の精神で、われわれのもてる諸力を結集しなければならない。

われわれは、今や過去の疑念と不信を投げ捨て、過去に根ざす偏見を克服し、各自の信仰の栄光と美点を互いに発見し、個人や国民の生活を豊かならしめる宗教の高貴な力を発見するために同じ屋根の下に集いえたことを喜ぶ。アジア宗教者平和会議における諸宗教間の対話を通してわれわれは偉大な予言者や賢者たちがすでにわれわれに平和と同胞愛の道を指し示していることを確信し、このアジアの宗教的遺産を生かして、アジアおよび世界の物質的、精神的福祉のため、そして、社会的不正、経済的不平等および、その他の平和への脅威となるものを根絶するために、溢れる人間的創意と、惜しみなく与える大地の豊かさを活用することがわれわれの使命であることを信ずる。ここにわれわれは、全ての宗教者に対し、過去の不信と現在の離間を悔い改め、より深い理解とより高い精神的一致を各宗教の内側で、また異なる宗教どうしの間で、さらに全宗教と実業、労働、政治、マスコミの世界の間に樹立すべくとに働くことを切に訴える。とりわけアジアでこそ、宗教による平和への呼びかけは全幅的応答を引き出すであろう。そこでわれわれはアジアの宗教者によって生活の態様を改めるための再教育を含めた新しい生活体制が確立され、そして、人間のもてる力が十全に発揚されるべきであると宣言する。人はパンのみによって生きるものではなく、したがって経済的正義は活発に追求されるべきであるとはいえ、霊的渇望の充足は一段と緊急な課題であり、これを達成することから、さらに恒久的な平和が生み出されるであろう。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now