第 3 回 大 会

ソウル宣言・1986

アジアにおける平和のかけ橋

前  文

第三回アジア宗教者平和会議(ACRPIII)は一九八六年六月十六日から二十一日にかけて、韓国ソウルで「アジアにおける平和のかけ橋」をテーマとして開催された。アジアの殆どの宗教を網羅する四百名以上の人々が 二十二か国からこれに参加した。

 

われわれはこの会議が、平和のかけ橋を緊急の課題としている分断国家において開催可能となったことに思いを致し、かつこれを評価するものである。この会議自体が、分断されたこの民族の上に平和と和解のかけ橋をかえるべく、これに着手することを助ける機縁となり霊感となることを切に望む。ともあれアジアにはわれわれを距てる多くの分裂があり抗争がある。以前の会議におけると同様、われわれは宗教者として、貧しい人たち、虐げられている人たち、生きる道を奪われている人たちの側に立つべきことを明言する。宗教者は中立を装うことはできない。

 

われわれの心は、苦しめる人たちと一体となり、この人たちの苦しみを和らげるために、われわれはなしうべき最善の努力をどこまでも続けるであろう。

 

あまりにもしばしば、人々は、差別や不平等、人間の基本的欲求の否定などによって互いに分け距てられている。これらのものによって惹き起された緊張やあつれきは、より健全な態度、より強固な協力関係を生み出すべく轉化され創造的ならしめられなければならない。この会議は、アジアにおける平和のかけ橋の一つのささやかな実例となるであろう。

 

今このとき、アジアは抗争と対決、主導権争いと圧制によって千々に引き裂かれている。到るところ軍事化の度合いは増進し、政治権力は権威主義化の途をたどる。かくして、軍備の増大と欠乏の増大との悪循環はますます高進するばかりである。こうした解決困難な状況のただ中で、今後も続くたたかいに備えて霊的な力と宗教的洞察を求めつつわれわれはソウルに参集した。

 

われわれの取り組み

アジアの深刻な諸問題-暴力、抑圧、貧困、差別等々-は互いに絡み合っている。したがってこれらの問題 に対処するには、全体的な取り組みが是非とも必要となる。