第 4 回 大 会

カトマンズ宣言・1991

21世紀に向かうアジアの宗教

我々は共に集った

第四回アジア宗教者平和会議は、美しいヒマラヤの山々に囲まれた古くからの平和都市カトマンズにおいて開催された。この大会にはアジアの全域から、十六の諸宗教、二十一ヵ国を数える三百名以上の代表、オブザーバー、来賓その他が参加した。

 

本会議には、この会議始まって以来十五年の歴史の中で初めて、朝鮮民主主義人民共和国、カンボジア、モンゴルからの代表団が新たに加わり、温かい配慮と友情をもって本大会に光彩を添えた。民族として南北に分断された朝鮮は、ここで同じ宗教者として再会を果たしたが、これは新たな希望と和解の始まりを画するものであった。

 

本会議に先立って、それぞれ青年、婦人、専門家による三つの会議が同時並行的に開かれ、その貴重な成果は、本会議に取り入れられて多大の貢献を果たした。

 

全会議を通じて青年、婦人の参加には、目覚ましいものがあった。彼らは常に、行動が第一であるとし、具体的な奉仕活動の大切さを強調してやまなかった。

 

「二十一世紀に向かうアジアの宗教」が、本会議の主題であった。それは、宗教の関心が未来志向的、行動志向的であり、平和への全体論的アプローチにあることを示すものであった。我々の見るところ、未来は可能性と危険性の双方を秘めている。脱工業化時代におけるハイテク情報化社会の到来によって、科学・技術は、人間の運命を左右し世界を変革する余りにも強力な手段となりつつある。核分裂および核融合、宇宙探索、遺伝子操作、臓器移植、人間の意識・無意識的心理面の操作などに関連して、極めて重大な倫理的道徳的諸問題が提起されている。それにもかかわらず、道徳的精神的発達は、遅々として進まず、科学・技術のそれに対応しかねている。まさにこの点においてこそ、宗教の役割が存し、このギャップを埋め、宗教信仰のいかんを問わず、万人によって共有され、二十一世紀の我々の生き方を導くような世界倫理を創造することが求められている。

 

我々は楽観的ではありえない。なぜなら、二十一世紀に至るもなおアジアに蔓延する人間の苦悩と環境の悪化は、世界のこの地域から根絶しえないだろうからである。とはいえ我々はアジアの人々に、人間の尊厳に相応しい人間存在を確保するためにあらゆる努力を傾けることを誓いかつ決意するものである。アジアの宗教は新たなる献身の普いと努力をもって、苦しんでいる人々のために語り、奉仕し、その傷を癒す業に励まなければならない。

 

膨大な仕事が我々の前にある。我々は人々の目を、差別、貧困、非識字、病気、飢餓その他の社会的悲惨や不正の現実と問題に向けさせ、正義、愛、和解の精神的基盤の上に立って、これらの解決に当たるよう彼等を力づけなければならない。より一層献身的に、社会的に疎んじられている人々や困窮者たちのネーズに仕えなければならない。婦人の地位および子供の権利に対して特別の顧慮が払われなくてはならない。我々は、色々な歴史的事情によって犠牲となった民衆の傷を癒し、彼等を新たな未来形成の新たなる担い手にしなければならない。