第 5 回 大 会

アユタヤ宣言・1996

我ら、アジアの隣人どうし

前 文

第五回アジア宗教者平和会議(ACRPV)は、一九九六年十月十四日から十九日までタイの古都アユタヤで開催された。「我ら、アジアの隣人どうし」を会議の主題とし、約二七〇人の人々がアジアの諸宗教を代表して二十五カ国から参加した。さらに平和のために働く国際組織、地域組織からも来賓・オブザーバーが訪れた。

 

アジアの人々は、豊かな宗教的・文化的伝統、さらに思考様式と生活様式の多様性を持ちながら一つの隣人関係を形成していることを、一層明確に認識するようになった。今日の世界において、ますます狭くなる「地球村」に住む人々の共通の運命を、我々は今や認識するようになった。

 

ACRPVは、我々の宗教協力運動の発展過程において歴史的な記念碑となるであろう。タイの古都アユタヤで開催された今回のACRPVは、同時にACRPの創立二十周年にあたる。最初の会議は一九七六年、シンガポールで開催され、第二回は一九八一年にニューデリーで開催され、さらに第三回のソウル大会へと続き、第四回は一九九一年にカトマンズで開催された。今回の第五回大会はACRPの成人式でもある。

 

一九九六年のアジアは世界でもっともダイナミックで活気にあふれた地域となった。

 

第五回ACRP大会に先立ち、青年部会、婦人部会、専門家会議が開催された。青年部会では、「我ら、アジアの隣人どうし」という大会テーマを討議したのみならず、アユタヤ地域の洪水被災者に対する人道的救援活動も行った。青年部会は大会会場で直ちに募金活動を開始し、食料と医薬品購入の資金として少なからぬ金額を集めた。こうしてACRPの青年部会は第五回大会に新しい活力とダイナミズムを吹き込んだ。

 

ACRP婦人部会議もまた大会テーマについて検討し、本大会に優れたレポートを提出して貴重な情報を提供した。婦人部会議はさらに、シンガポールまたはフィリピンに女性の活力を強化する『エンパワーメントセンター」の設立を提案した。

 

専門家会議も本会議運営に貢献する貴重な洞察を行った。

 

一. 共に生きるーアジアにおける平和と安全

近年、アジアにおける国際関係のシナリオは、平和、安全、ならびに良い隣人関係を志向する積極的な傾向にある。経済力が軍事力を凌ぐ影響力を示すほどになっている。新しいグローバルな価値観がより受け入れられている。  民主的プロセスや市民運動が力を得ている。経済の相互依存性が高まりつつあることは、もう一つの積極的な要素である。