​第 6 回 大 会

ジョグジャガルタ宣言・2002

アジアの和解と協力

前 文

第六回アジア宗教者平和会議(ACRPⅥ)は、インドネシアの古都・ジョグジャカルタで、二〇〇二年六月二四日から二八日まで、『アジアの和解と協力」をテーマに開催された。アジアのすべての主要宗教、すなわちバハイ教、仏教、キリスト教、儒教、ヒンズー教、ユダヤ教、イスラーム、神道、シーク教、道教、ゾロアスター教などの宗教者合わせて五〇〇人が、二一の国と地域から集った。

 

残念なことに、大会は昨年九月一一日のテロ攻撃のために延期を余儀なくされた。我々は、ありとあらゆる種類のテロを、いかなる理由があれ、絶対に許すものではない。

 

アジアには、人々を隔てる多くの分裂と紛争が存在する。我々宗教者は、これまでの五回の大会、シンガポール、ニューデリー、ソウル、カトマンズ、アユタヤで、貧しき者、抑圧された者、そして権利を奪われた者の側に立つことを確認してきた。宗教者は中立ではありえず、このようなアジアにおける多くの苦しむ人たちと連帯し、我々は彼らの権利獲得、不正や抑圧からの解放と、それぞれの人間の尊厳に根ざした人間中心の開発に向け、我々にできることを続けていく。

 

紛争と対立、抗争と抑圧によってアジアの苦しみは続いている。あらゆる地域で核さえも含んだ軍事化が進み、専制化の傾向にある政治権力は、一層の軍事化と剥奪の悪循環をひき起こしている。このようなジレンマのただ中で、我々はジョグジャカルタに集い、今も続いている戦いに立ち向かうため、霊的な力と宗教的洞察を模索した。

 

我々の間には相互理解と他の宗教に対する尊敬が醸成されている。これは正しい方向に向けたまさに大きな一歩である。そして、アジアと世界における平和と調和の基盤となる相互理解と尊敬を伸展させるために選んだ歩みをさらに進めようと、今、決意した。この分極化と不調和の時代において、対話を促し、平和と調和、安全、平和的共存を約束する多様性に対する真の尊敬を支持し、確立し、さらに希望と和解の新たな時代を創造していくことが我々の課題である。

 

アジアの現実

人間が悲惨な状況に置かれているただ中に、我々宗教者は集った。アジアの至るところで激しい苦痛が反響している。人権を侵害された人たちの嘆きの声は耳に届かない。そして、人間の尊厳には注意が払われていない。社会正義は深刻に受け止められておらず、暴力と対立はあまりにも容易に生み出されている。アジアでは、悪循環は差別、不平等、剥奪、暴力という形をとって現われる。これらの要因は複雑に絡み合いながら、アジアの至るところで堪えがたい社会状況をつくり出している。それぞれの要因は、相互に関連する他の問題を論じることなく、取り組むことはできない。我々は、スリランカにおいて着手された和平プロセス並びに、南北朝鮮間で交わされた「六・一五共同宣言」を高く評価する。我々は、インドとパキスタンの間に緊張関係があることを認める。我々は、核兵器が背後にあるインド・パキスタン間の緊張状態に深く憂慮の念を表明する。我々は、平和的解決のなされることを強く提案し、双方が軍事力の行使の段階から引き下がることを要請する。