第 2 回 大 会

ニューデリー宣言・1981

平和のために行動する宗教

前  文

一九八一年十一月七日から十一日にかけてニューデリーで開かれた第二回アジア宗教者平和会議(ACRPII)は、一九七六年十一月、アジアの宗教者たちがシンガポールに集って初めてアジア宗教者平和会議を開催し、宗教協力を具現化するとともに、アジアにおける人間の運命に共通の関心を示したあのときと同じ思い、同じこころを継承しかっ発展させたものである。

 

過ぐる五年の間に、われわれは、われわれすべてを繋ぐ絆が、われわれを分け距てるものより一層重要であるとの確信をますます深めるにいたった。われわれがともに行動したインドシナ難民救済、ボート・ピープル事業、クメール計画などの共通体験と努力を土台として、われわれは、「教義は分裂させ、奉仕は一致させる」ことを覚えるにいたった。

 

困難の状況のなかでわれわれがともに働いたことによって、将来ともわれわれが霊的伝統を踏まえながら人間の諸問題解決のために共働しつづけていくのに必要な経験を獲得した。宗教を異にする人びとの間に、相互の理解と尊敬がいや増しつつある。これこそ正しい方向に向かっての偉大なる一歩である。われわれは自らの挑んだ道をひたすらに歩みつづけ、平和のもといなる相互理解と互敬の分野を拡大していくことをここに誓うのである。

 

仏教、キリスト教、儒教、ヒンズー教、ジャイナ教、ユダヤ教、イスラム教、神道、シーク数、ゾロアスター教などをはじめとする幅広いアジアの諸宗教の代表が十六か国からニューデリーに集まったことじたい、われわれの活動が深甚なる結果を生むであろうとの確信をわれわれに与えずにはおかない。

 

アジアの現実

われわれ宗教者は、人間の悲惨のただ中にあって、此の地に集っている。苦しみのうめきはアジアの到る処にこだましている。差別のあるところ、人間の尊厳を侵されかつ無視された人びとの喚き声が口をついて出る。貧困に打ちひしがれた人びと、家なき人びと、権利を奪われた人びと、虐げられた人びとの叫びはいたずらに聞き流される。人間の尊厳は顧みられず、正義は軽んじられ、暴力と争いは日常茶飯事と化している。アジアでは、差別と格差と暴力が一つの悪循環となって自らを露呈する。アジアの到るところでこれらのものが三つ巴となって絡み合い、耐えがたい一つの社会的複合体を形成している。それゆえ、これらの問題の一つと取り組もうとすれば、同時に他の二つをも取り上げなくてはならない。