​第 7 回 大 会

マニラ宣言・2008

アジアにあける平和の創造

はじめに

「レリジョンズ・フォー・ピース、アジア」という名称を持つアジア宗教者平和会議は、それぞれの国において、アジア太平洋地域および世界において平和、調和、そして人々の安寧のために働く宗教者の、世界で最も大きな地域組織である。第七回大会は、二〇〇八年一〇月一七日から一〇日、「アジアにおける平和の創造」をテーマとしてマニラで開催された。この大会にはアジアの主要な宗教仏教、バハイ教、キリスト教、儒教、ジャイナ教、ユダヤ教、ヒンズー教、イスラーム、神道、シーク教、道教、ゾロアスター教等々に属するあらゆるアジアの地域から、約四〇〇名の代表およびオブザーバーが参加した。アジア宗教者平和会議は、パートナーであり、かつ母体である「レリジョンズ・フォー・ピース、インターナショナル」と手を携え、真理、正義、慈悲及び人間.の超越的尊厳の原理に基づく諸宗教間の平和を求めて、アジアの様々な宗教的遺産の力をいかすために協働している。

 

アジア宗教者平和会議は、中東・南アジア・中央アジア・東アジア・東南アジアの諸国から南太平洋諸国に至るアジア太平洋地域を包含している。これらの地域には、人類の多様性を讃える最も偉大な文化的・言語的・精神的遺産の多くが保有されている。またこれらの地域は、世界人口の半分を擁し、その中には中国及びインドをはじめとする、最も多くの人口を持つ一二の国のうちの七カ国が含まれている。

 

「レリジョンズ・フォー・ピース、アジア」は、一九七四年の第二回世界宗教者平和会議に端を発し、一九七六年にシンガポールで第一回の大会を開催した。それ以来、ニューデリー(一九八一年)、ソウル(一九八六年)、カトマンズ(一九九一年)、アユタヤ(一九九六年)、ジョグジャカルタ(二〇〇二年)で大会が開催されてきた。参加国は、オーストラリア、バングラデシュ、中国、インド、インドネシア、日本、韓国、北朝鮮、モンゴル、ネパール、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイである。この大会において新しい参加国としてイラクとカンボジアが承認された。また、イラン、キルギスタン及びマレーシアのオブザーバーも参加した。

 

本大会に先んじて、事前女性会議が一一カ国と七つの宗教伝統から七〇人の参加を得て開催された。参加者は命を育む女性としての固有の特質、愛を育み、一体性を生み出す仲介者としての能力を強調した。また女性は共同体、特に家族共同体を創造するという特別な資質を有している。しかし同時に、女性はまた、飢餓、貧困及び暴力の犠牲者でもある。過去において女性のネットワークを強化し、女性が宗教団体によってあらゆる面で男性と同等の取り扱いを受ける必要があった。

 

同様に、本大会に先んじて、アジア青年会議がダバオで開催された。ここでは九〇人の青年が、「平和への道」大統領顧問室、モロ・イスラーム解放戦線、フィリピン民族民主戦線及び先住民を含む、ミンダナオのあらゆる紛争関係者と話し合いの場を持った。その後、青年たちは本会議の開会式において、諸々の敵対行為が即時停止され、すべての利害関係者が交渉のテーブルに戻り、家を追われた人々が即時に保護されるまで、継続可能な平和実現の手段を作り上げることを宣言した決議文をグロリア・マカパガル・アロヨ大統領に手渡した。さらに、青年はすべての国内委員会に対し、地域平和活動すなわち「ミンダナオに祈りの光を」に参加するよう呼びかけた。