​第 8 回 大 会

仁川宣言・2014

アジアの多様性における一致と調和

アジア宗教者平和会議(ACRP)は、真理・正義・人間の尊厳を信条とし、それぞれの国やアジア太平洋地域、そして世界全体の平和と諸宗教間の調和に向けて活動を続ける、神仏と交わり、神仏と共に生きる宗教者の世界最大の地域組織である。アジア宗教者平和会議は、1976年の創設以来、国際組織であるレリジョンズ・フォー・ピース・インターナショナル(世界宗教者平和会議国際委員会)と協働して活動している。

 

第8回大会は、2014年8月25日から28日まで、韓国・のコンベンシアで開催された。本大会にはアジアの15カ国:オーストラリア、バングラデシュ、カンボジア、中国、インド、インドネシア、イラク、日本、大韓民国、モンゴル、ネパール、パキスタン、フィリピン、スリランカ、タイが参加した。本大会の開催中、新たにマレーシアとミャンマーの2カ国がACRPのメンバーとして承認された。

 

本大会は、大韓民国政府が同国文化体育観光部を通じ、本大会への財政的支援と諸宗教間対話への不断の取り組みに力を惜しまれなかったことに対し、心から謝意を表した。

 

ACRPは、人類の多様性を顕著あらしめる最も偉大な文化的・言語的・精神的遺産の多くを有するアジア太平洋地域を包合する。2014年1月1日現在、世界の総人口は71億3900万人に達し、その60%にあたる41億6600万人が中国とインドを筆頭にアジアに住んでいる。世界経済の生産高の半数近くをアジア太平洋地域が担っている。それゆえ、平和と発展はアジアのみならず、世界全体にとってきわめて重要な課題である。

 

第8回大会の総合テーマは、「アジアの多様性における一致と調和」であった。世界の主要な宗教伝統の発祥の地であるアジアは、守るべき真正な価値、徳行に関する不変の基準、心の奥深くまで根差した精神的態度、人類の一致の基礎となる一切の事柄をめぐっての応答を形成する上で特別な場所である。アジアは霊性に満ちている。聖なる存在からの贈り物である霊性は、多くの表現に彩られた多様なアジアを一つに導く超越的な力である。それは人間の心の奥深くに内在する、より高度の資質をさらに高みへと導く力であり、すべての宗教伝統において証明され、かつ顕現されているように、その力によって我々は偉大な愛・慈悲・奉仕にふさわしい価値ある役割を果たす存在となるのである。